シミ化粧品の効果はどうでしょうか?本当にキレイになるの?@豆知識

MENU

シミと化粧品について

女性の肌トラブルで一番多いのがシミです。20代から始まってどの年代でも上位にきているのがシミですがシミの原因で一番多いのが紫外線によるものが多いです。

しかし、シミになる原因は紫外線だけではなく、化粧品によるシミ、そして顔のマッサージのときの肌の負担が原因でシミをつくってしまうこともあります。

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ですから注意をしてください。

その他間違った保湿や、甘いものの摂り過ぎ、ダイエットなどのためのきつい運動などでも活性酸素が増えてメラニン色素が分泌されてしまいます。その結果シミとなってしまいます。

今では「化粧やけ」という言葉を聞くこともほとんどなくなりましたが、20年ほど前は化粧品による色素沈着のため、顔がくすんだりシミができたりしたものでした。現在の化粧品は石油の精製技術も進み、昔のような粗悪な油で作られていないことと、洗顔料も良くなったことや洗顔の知識が浸透したこともあり、化粧やけや油やけを起こす人もほとんどいなくなりました。

そのため、油やけから色素沈着をおこして顔がくすんだりシミができる人も少なくなっています

ただ、1年や2年も使っている古い化粧品は、化粧品の成分が肌に付いてその結果油やけやくすみ、シミをつくってしまいますから注意をしてください。現在の化粧品にも鉱物油が含まれていたり油分が含まれていますから、クレンジングをしっかり行ってメイク残りがないようにすることが大事です。

おススメは無添加のミネラルファンデーションなどです。

顔のシミと内臓の関係

顔のどの部分にシミができても切ないですが、おでこのシミはめだつだけに気になります。このシミを改善するには原因の究明をしなければなりません。健康と美肌の関係は切っても切れないものがありますが、シミも体の不調から来ていることもあり、内臓が悪いことが考えられています。

シミができた部分によって内臓のどこが悪いのかおおよその見当がつくと言われていますが、おでこに発生したシミの原因としては女性ホルモンの減少や、その他肺の機能が弱っていることでもおでこのシミとなってしまいます。

女性ホルモンの崩れによるシミには、目の下や口のまわりのシミなどがあります。

顔のシミを消すためには、美白の化粧品でケアすることも大切ですが、内臓を強くすることや、血液の流れを良くすることが欠かせません。

シミは内臓の不調を教えてくれますが、排泄機能が弱くなると体に老廃物が溜まって、溜まった老廃物が外に出るときに皮膚の表面にシミとなって出てくることも指摘されています。

腸は第2の心臓とも言われるほど重要視されていますが、排泄機能も腸が大きく関係していて腸の健康も顔のシミに影響しています。

腸を健康にするには適度な運動が言われていますが、腸の状態が良くなると排便もスムーズにいき、顔のシミほかニキビや肌荒れも防げますのでお試しください。適度な運動の必要性は、生活習慣病他あらゆる病気の予防と改善に言われています。

美白化粧品もそれなりに効果はありますが、体の内部から改善することでより効果が発揮できます。

雪焼けによるシミに注意

1年中を通しての紫外線対策が必要ということは多くの人に浸透してはいますが、雪があるときも「雪焼け」の紫外線対策をしっかり行って雪焼けによるシミができないようにしてください。

地面に降り積もった雪が日光を跳ね返らせて顔にあたり、日焼けしてその結果シミをつくってしまいます。毎日雪かきをされる方や、スキーなどをされる方は冬も紫外線対策を忘れないでください。

跳ね返った日光での日焼けは、車を運転しているときもおこります。紫外線を避けるため防止を被って運転する女性も見かけますが、帽子を被ってもダッシュボードから跳ね返る紫外線は顔にもろにあたって避けようがありません。

ゲレンデでの紫外線対策も、車を運転しているときの紫外線対策も日焼け止めの塗り方に注意をしてください。

上からの紫外線よりも下からの紫外線が強い雪焼け対策には頬などに重点的日焼け止めクリームを塗ってください

また、髪の毛も同様に日焼け止めを塗って紫外線対策を行って、日焼け止めを使用した日はいつもより丁寧にシャンプーをしてください。髪の毛にも日焼け止めを塗ることで頭皮も守られて髪の毛を傷ませるリスクが下がります。

紫外線が頭皮にあたると禿げやすいということも言われていますから、髪の毛に日焼け止めを塗るのは男性にもおススメです。

ちなみに、雪焼けをしてしまった後は水分が蒸発しやすくなっています。そのため雪焼けをしてしまったら、ローションパックがおススメです。その保湿効果の高いクリームなどの化粧品でしっかりケアしておくことで雪焼けによるシミができるリスクが下がります。

シミをレーザーで消す方法とは

一度できてしまうとなかなか消せないのが顔のシミです。まずはシミを作らないことですが、シミの原因で1番多いのが日焼けが原因のシミです。

そのための対策としては、日焼け止めクリームをこまめに塗ることや、ファンデーションも紫外線をカットするのでおススメです。そして、日焼けは1年中通して起こりますから、美白化粧品を1年中使うようにしてください。また、美白化粧品は毎日使うことで効果がありますから、毎日のケアの習慣としてください。

ピーリングを行うと新陳代謝が良くなり、できてしまったメラニン色素を排出しますからシミになる前に予防ができます。

シミ予防にはビタミンAを多く含んだ食品を摂るようにしてください。ビタミンAを多く含んだ食品にラバーや緑黄色野菜などがあります。ビタミンC は色素沈着を抑えてシミを薄くする効果がありますからおススメです。

できてしまってどうにもならないシミを消すには美容皮膚科などで行うレーザー治療があります。シミ取りレーザーの治療は保険適用外なのでかなり高額にはなりますが、それによってコンプレックスも解消して自信をもって日々が送れるなら安いとも言えます。

ただ、治療費の他にも、初診料や処方料、麻酔料、再診料もかかりますから、時間はかかっても自分でクリームや化粧品等を使って治すのもおススメです。現在販売されている美白化粧品にはハイドロキノン配合など、高機能なものありますから試してみてください。

シミに効く栄養素と食品

今はシミに効果のあるシミ化粧品もたくさん販売されていますが、シミの予防にもまた、シミの改善にも毎日の食事に気を付けてください。シミに効く栄養素と食品をしっかり摂ることで、シミ化粧品の効果をより発揮してキレイな肌になることが期待できます。

シミに効く栄養素には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどがあります。ビタミンCを多く含む食品にはイチゴやキウィフルーツ他赤ピーマンなどがあり、1度に多く摂るよりも3回の食事に分けて取ることをおススメします。

ビタミンEを多く含む食品にはアーモンドやモロヘイヤ、カボチャ赤パプリカ、ほうれん草などに多く含まれています。ポリフェノールを多く含む食品には赤ワインやブルーベリーや日本茶、チョコレートなどがあります。

「食べたものが体をつくる」といいますが、食べものの影響は大きいです。シミを作らないためにも健康を保つためにも、野菜を多くしたバランスの良い食事を心がけることをおススメします。

ちなみに、ある人の経験では、できてしまったシミ 化粧品には、安い美容液ではそれほど効果がないそうです。安いのはシミ予防の効果はあっても、シミを消そうとだらだらと使い続けても無駄だったそうです。
そこで少し高価なものに変えたら、毛穴が小さくなったり肌の色が明るくなったそうです。

その人が買ったのは13,000円だったそうですが、多くはサンプルがあるのでサンプルを購入して試してみることをおススメします。シミが消えたら、リーズナブルな価格のシミ 化粧品に戻せばいいのですから試してみてください。

www.eralarsonrealestate.com